学校日記

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:1 学校の様子
リョウタ先生と今日でお別れです。

令和2年9月28日(月)
ALTとして、本校に2019年の4月から、子どもたちに英語の授業で関わっていただいた、リョウタ カサシマ先生が、ご実家のアメリカはロサンゼルスに帰られるということで、本日をもってお辞めになることになりました。
写真は、(1)職員室で行った職員向けのお別れの挨拶をされているところです。(2)(3)は、3年生の授業を行っていただいている場面です。(4)は生徒向けに書いてきていただいた手紙を読んでいる場面です。(5)最後に代表生徒からリョウタ先生に感謝の気持ちを述べている場面です。
リョウタ先生は、バスケットボール部の指導者としても活躍していただき、生徒からの信頼も絶大でした。
大変残念ですが、アメリカに帰られても、箱根中学校のことを時々思い出していただけるとうれしいです。
Good luck.

DSCN5937.JPG

DSCN5957.JPG

DSCN5964.JPG

DSCN5968.JPG

DSCN5981 (2).JPG

公開日:2020年09月28日 18:00:00

カテゴリ:1 学校の様子
無念!運動会 雨で中止!!!

令和2年9月26日(土)
新型コロナウイルスによって、4月の段階で9月26日に決めていた「運動会」。WITHコロナをどのように受け止めるか、運動会開催は大きなチャレンジと考えていました。
無観客での実施に、保護者の気持ちを思うと大変苦渋の選択でした。
子どもたちは今日に向けて、短い時間ではありましたが、練習を重ねてきました。しかし、雨のため中止となりました。

多くの先生方が、早朝から何とか開催したいと、グラウンドに集まり準備を始めましたが、雨は一段と強くなりました。
写真は、グラウンドのラインを引いたり、スポンジで水たまりの水を抜いたりした後の状況です。
子どもたちのことを思いながら、頑張ってくれましたが、雨には勝てませんでした。

子どもたちの頑張りは、全ての職員が知っています。

この後の生活に役立ててくれると信じています。

本当に残念でした。

DSCN5922.JPG

DSCN5925.JPG

DSCN5926.JPG

DSCN5927.JPG

DSCN5930.JPG

公開日:2020年09月26日 13:00:00

カテゴリ:1 学校の様子
運動会練習始まる!!

令和2年9月14日(月)

今日から本格的に運動会の全体練習が始まりました。

コロナ渦の中、熱中症にも十分注意しながらの練習となりました。全員がマスクをつけて実施しました。

入場行進の練習は、隣との間隔を1メートル以上あけて行いました。一人一人が意識したことで、3回の練習で終了しました。

後半は、色別(白と赤)にわかれて、ブロック会議を行いました。

白ブロックは、1年1組、2年2組、3年2組です。
赤ブロックは、1年2組、2年1組、3年1組です。

どちらも3年生が下級生を上手にリードしていました。

3年生のリーダーシップと3学年の団結力を期待しています。


DSCN5849.JPG

DSCN5852.JPG

DSCN5862.JPG

公開日:2020年09月14日 16:00:00
更新日:2020年09月14日 17:07:55

カテゴリ:1 学校の様子
2年生の保健体育の授業の様子です。

令和2年9月11日(金)

2年生保健体育科の授業でバトンパスの練習をしていました。

今度の運動会に向けて、一生懸命に取り組んでいました。

だいぶ受け渡しのタイミングが合ってきました。

DSCN5748.JPG

DSCN5750.JPG

DSCN5752.JPG

公開日:2020年09月13日 15:00:00

カテゴリ:1 学校の様子
はこね級 ボッチャ大会開催

DSCN5757 (2).JPG

DSCN5764.JPG

DSCN5767.JPG

DSCN5769.JPG

DSCN5792 (2).JPG

令和2年9月11日(金)

はこね級の生徒が、ボッチャ大会を企画・運営しました。

式次第もしっかりと提示し、開会式・閉会式も取り仕切ってくれました。

複数のお友達や、はこね級以外の先生方も参加し、レベルの高い試合となりました。

判定も審判を務めた綾部先生や神保先生が悩むほどの僅差でした。

生徒も先生も充実した時間となりました。

私、校長も参加しましたが、惜しくも入賞を逃してしましました。次回はリベンジしたいと思います。

企画・運営してくれた生徒の皆さん、ご苦労様でした。

公開日:2020年09月13日 15:00:00

カテゴリ:1 学校の様子
小中一貫乗り入れ授業が始まりました。

DSCN5726.jpg

DSCN5730.jpg

DSCN5732.jpg

DSCN5733.jpg

DSCN5736.jpg

令和2年9月10日(木)

新型コロナウイルスの関係で、本来4月から行うはずだった、小中一貫乗り入れ授業が今日から始まりました。

箱根の森小学校を本務校とする、鈴木文栄(すずき ふみえ)先生ですが、箱根中学校も兼務しており、1年生の数学の授業を石黒先生とTT(ティームティーチング)の形態で行います。
複数いることで個別にも対応でき、きめ細やかな充実した授業が期待されます。この事業が始まって4年目を迎えます。

右の写真にあるように、小学校で受け持たれた生徒も何人かいるようで、違和感なく、スムーズに楽しく授業を行っている様子がみられました。

毎週木曜日の1・2時間目に行う予定です。

公開日:2020年09月10日 18:00:00

カテゴリ:1 学校の様子
1年生の社会科をTT(ティームティーチング)で実施しました。

令和2年9月10日(木)

今日から1年生の社会科の授業内容が「歴史」になりました。
今まで、綾部先生が一人で授業を行ってきましたが、今日から小泉 圭(こいずみ けい)先生も担当となり、二人の先生で、丁寧な授業を展開します。小泉先生は、昨年度から本校で勤務をされていましたが、個別支援員というお立場で生徒の皆さんと学校生活を送ってきました。この9月からは、社会科の先生として、1年生の授業を受け持つことになりましたので、よろしくお願いします。
子どもたちも楽しそうに授業を受けていました。

DSCN5720.JPG

DSCN5722.JPG

公開日:2020年09月10日 12:00:00
更新日:2020年09月10日 18:04:08

カテゴリ:1 学校の様子
清掃ボランティアのみなさんありがとうございました。

令和2年9月9日(水)

本日、放課後に保護者の皆様による清掃ボランティアとして、ご協力いただきました。

生徒昇降口、洗面所、教室、トイレなど普段職員のみでやっていますが、ご協力により快適にスムーズに清掃活動を終えることができました。本日の参加者は11名でした。

清掃後、担任や学年の職員、部活動の顧問等とお話ししている場面も見られました。

本当にご協力ありがとうございました。

DSCN5712.JPG

DSCN5713.JPG

DSCN5715.JPG

DSCN5716.JPG

DSCN5717.JPG

公開日:2020年09月09日 17:00:00

カテゴリ:1 学校の様子
薬物乱用防止教室を行いました。

DSCN5698.JPG

DSCN5699.JPG

DSCN5705.JPG

DSCN5709.JPG

DSCN5710.JPG

令和2年9月9日(水)

本日2年生が、「薬物乱用防止教室」を行いました。

講師は、本校の薬剤師である倉田先生とライオンズクラブ国際協会の石島先生の2名です。

前半は、倉田先生による薬物の種類や薬物を乱用することの問題点など具体的に教えていただきました。また、映像を使い登場するキャラクターが薬物の恐ろしさをわかりやすく伝えてくれました。
後半の石島先生は、薬物の誘惑はこれから多くなることから、親しいと思っていた友人からすすめられても、絶対に断る勇気が必要だと、ご自分の経験の中からお話をしていただきました。
また、パネルや実際の薬物の標本を見せていただき、子どもたちは熱心に見入っていました。
お話の中で、特に印象に残った言葉が、「自分を守るのは自分」ということでした。最後は意志の強さが人生を左右するのだということを子どもたちに訴えかけていただきました。
倉田先生ならびに石島先生、本日はありがとうございました。

公開日:2020年09月09日 16:00:00
更新日:2020年09月09日 17:14:53

カテゴリ:1 学校の様子
いのちの授業を行いました。

令和2年9月8日(火)

今回、講師でお招きしたのが、小森美登里(こもりみどり)さんです。
すでにご承知の方も多いと思いますが、簡単ではありますがご紹介いたします。

小森さんは、1998年に一人娘の香澄さんをいじめで亡くされ、2003年にNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」を設立されました。全国各地をまわられ、いじめのない学校や社会をつくろうと生徒だけでなく、大人(教員)に対しても積極的に講演を続けられています。
本日は、1年生を対象にいじめについて、様々な視点からお話をいただきました。

生徒はみんな真剣な顔つきで、一生懸命小森さんのお話を聞いていました。

後半に、小森さんがつくった詩を本校職員の鈴木先生が朗読しました。その内容は、大人からの感謝の手紙として、「生まれてきてくれてありがとう」というタイトルでした。涙を流しながら聞いている生徒もいて、とても感動する内容でした。

私は小森さんの話の中で、一番「ハッと」させられたお言葉に、いじめられる側にも原因はあると考えている人に対して、いじめた側に「なぜいじめをしたのか、理由を聞くことって本当に意味があることなのか」ということでした。本当に聞かなければならないことは、「そこに理由があれば、人は人を傷つけてよいのでしょうか」と。。。。。
まさに、人として大切なことを教えていただきました。

小森さんは多くの本を出版されています。ぜひ、手に取ってお読みいただけるとよいと思います。

DSCN5683.JPG

DSCN5687.JPG

DSCN5689.JPG

DSCN5692.JPG

DSCN5690.JPG

公開日:2020年09月09日 15:00:00
更新日:2020年09月09日 16:55:55