学校日記

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:1 学校の様子
伝統音楽(箏)に親しむ(1月24日)

DSCN1539.jpg

DSCN1540.jpg

DSCN1543.jpg

 1年1組の1校時、2組の2校時は音楽室で箏を使った授業を行いました。
 
 「虫づくし」という曲で演奏の仕方を確認した後、練習をしていきます。3人一組になって練習をしたのは、演奏する人、楽譜を持ってあげる人、評価をしてあげる人に役割を分担したからです。
 生徒たちは、爪の角を使うとか、右膝の外側を磯にあてるとか弾き方のポイントを意識して取り組んでいました。

 次に「さくらさくら」(さくら さくら 野山も里も 見わたすかぎり かすみか雲か ・・・)の楽譜が渡されると、生徒たちの気持ちが高まったように感じられました。

 桜の木の下で箏を弾く情景が浮かんだのかもしれません。楽器固有の音色や響き、よさをとらえるには、どのような曲を選ぶのかもとても重要なことなのです。

 次の時間は、「さくらさくら」の演奏に入ります。

公開日:2020年01月24日 10:00:00
更新日:2020年01月24日 12:55:09

カテゴリ:1 学校の様子
3年生面接練習(1月23日)

ノックs.jpg

面接s.jpg

待機s.jpg

 トントントン、「失礼します。」(両手で丁寧にドアを開けて入ります。)「受験番号○○番、△△□□です。」「どうぞお座りください。」「失礼します。」
 そうです、今日は3年生が面接練習をしています。


 椅子に浅めに座り、背筋を伸ばして足を揃えて、少し緊張の面持ちで…。
 面接が終わると安堵の表情で教室へ。「どうだった?緊張した?」友達に訊かれます。「全然、緊張しなかったよ!」…とはいえ、ちょうど良い緊張感が漂っていましたよ!

 何度か練習するうちに、緊張感の中にも自然体の自分が出せるようになると良いですね。




 もうひとつ良いおしらせがあります。面接練習をしている横で、教室内で静かに待つ生徒たち。プリント学習または面接の受け方の冊子を見ながら真剣に取り組んでいました。めざせ、面接の達人!

公開日:2020年01月23日 16:00:00
更新日:2020年01月23日 17:09:17

カテゴリ:1 学校の様子
職場体験発表会、キーワードは『おもてなし』(1月22日)

IMG_3829s.jpg

IMG_3832s.jpg

IMG_3840s.jpg

 今日は2年生の総合で職場体験の発表会。どんな発表が見られるかと楽しみにして教室へ行きました。期待どおり1年の時よりも一段と堂々とした態度の発表でした。それにしても驚いたのは、パソコンを使った発表で色使いもバランス良く、イラストや写真をちりばめ、とても見やすい画面の力作ぞろい。内容も、体験先施設の特色やアピールポイントをしっかりつかんで、観光地箱根での存在意義にも触れられている発表でした。



 働いてみて感じたことは「どんな仕事でもたいへん」なことを感じ取り、「やりがい」も覚えたと異口同音に述べていました。



 また、職場で働く皆さんの様子から感じ取ったことに共通していたことは、『おもてなしの心』。お客様に喜んでもらう(または園児のためになる)ことを第一に考えていたということ。『誇り』をもって箱根で働いていることもひしひしと感じとっていたようです。



 箱根を支える皆様の言葉には重みがあり、多くのことを箱中生に残してくれたと感謝でいっぱいです。地域の皆様の期待に応え、さらに成長してほしいですね。

公開日:2020年01月22日 19:00:00

カテゴリ:1 学校の様子
5時間目も集中(1月21日)

DSCN1534.jpg

DSCN1530.jpg

DSCN1532.jpg

DSCN1535.jpg

 はじめに。いつも給食はたいへん美味しいのですが、今日のうどんのつゆは特に出汁がきいていて、いわゆるうま味がたっぷり感じられました。

 栄養補給した後の5時間目の授業です。
 
 2年生の数学は、三角形の合同条件を使って証明問題に挑戦。黒板には考えの基になる定理が貼ってあり、それをヒントに問題に取り組む生徒。解き終わり先生に丸付けをしてもらう生徒。友だちに質問して「なるほど」と合点する生徒。自分のペースで黙々と問題に取り組み、集中している様子がうかがえました。
 
 3年生の美術は、パソコン室で行われていました。学習課題は、卒業記念となるオルゴールに模様をつけること。
 模様をつける技法はコラージュ。平面に印刷物、新聞の切り抜き、壁紙、布、木片、砂、木の葉などさまざまなものを貼りつけて構成する絵画技法ですが、パソコンを使って貼り付ける印刷物を選んでいるようです。とても楽しそうです。

公開日:2020年01月21日 14:00:00
更新日:2020年01月21日 15:11:01

カテゴリ:1 学校の様子
8分間走(1月20日)

P1090239.jpg

P1090241.jpg

P1090243.jpg

P1090245.jpg

 1年生の体育の授業は、持久走。8分間でどのくらいの距離を走ることができるか、毎回自分への挑戦です。

 土曜日に雪が降り、通路には雪がまだ残っていましたが、土を入れ替えたグラウンドは運動ができる状態になっていました。
 工事前までなら、おそらく今日のような日は、グラウンドがグジャグジャになっていたのではないでしょうか。かなり水はけがよくなっていることが分かります。
 これも休まず工事に携わってくださっている工事関係者の皆様のお陰です。本当にありがとうございます。

 さて、生徒はというと、長距離走の好き・嫌いに関わらず、どの生徒も8分間一生懸命走っている様子が伝わってきます。

 走る組を前半と後半に分けていて、自分が走らない時は、ペアになっている生徒に「がんばれ」と声援したり、具体的な目標を言って檄を飛ばしたりしています。
 
 他者との競争ではありませんが、最後に先頭が入れ替わるようなデッドヒートがあり、走っている途中で足がつってしまった生徒や8分間走り終わった後に、ひざまずいたり仰向けになったりする生徒もいました。

 一生懸命に走っている姿や応援する姿を見ていると、本当に清々しい気持ちになります。感動です。 

公開日:2020年01月20日 12:00:00
更新日:2020年01月20日 13:10:10

カテゴリ:1 学校の様子
スパイクを打つ(1月17日)

DSCN1510.jpg

DSCN1511.jpg

DSCN1514.jpg

DSCN1517.jpg

2年2組の3校時目は保健体育。体育館でバレーボールです。
今日のめあては、スパイクが打てるようになること。

まず、目立つ3つの課題を確認し、チームでその原因と練習方法を話し合い、バドミントンコートを使用してチーム練習に入りました。

バレーボールの特性、難しさは、ボールと落とさないようにする、ボールを保持できない点にあります。
そのため、どのようにしてプレーを継続させるのかや、スパイクを打つという攻撃の醍醐味を味わえるようにするのかを実現していくことが授業のポイントになります。

各チームには、一人だけベストを着用した生徒がいて、その生徒はボールをキャッチしてトスを上げてよいことになっています。
ですから、各チームとも何とかボールを落とさないように、ベストを着ている仲間までボールをつなぎ、ベストを着た生徒がキャッチトスすることでスパイクを打つチャンスが多く訪れるような独自のルールのもと、生徒たちは活発に楽しそうに動いていました。
トスに自信がある人は、ボールをキャッチせずに正式なルールでも通用するトスをあげてもよいことになっています。

このように生徒の状況に応じて運動を楽しめるように工夫していけるところが体育の授業のよさ・面白さと言えます。

次の授業からは、コートが広くなるので、ボールを落とさないように、より動かなくてはいけなくなるようです。生徒たちは「広いコートでも大丈夫だ」と自信をもっている様子でした。

公開日:2020年01月17日 12:00:00

カテゴリ:1 学校の様子
温もりが感じられる廊下(1月16日)

P1090235.jpg

P1090237.jpg

P1090236.jpg

 昨日の学校日記で紹介した、1年生英語の授業で作成したグリーティングカードが廊下に掲示されています。
 
 教室と違って、廊下はかなり厳しい寒さを感じる空間です。
しかし、このような心温まるお祝いメッセージが寒々とした場所をあたたかな場所へと変えてくれています。

 生徒の無用な戸惑いや悩みを避けようと、宛名はすべて伊與田先生宛。ちょっと職権乱用では?と思ってしまいますが・・・
 
 課題のカード作りを終えた生徒の中には、他にもカードを作った生徒がいました。
 栄養士宛てのグリーティングカードには「Thank you for lunch」と書かれてあり、栄養士も大変喜んでいました。
 
 ちょっとしたひと言が、心を温めてくれるんですね。
最も寒さが厳しくなる折だからこそ、言葉がけを大切にしたいものです。

公開日:2020年01月16日 12:00:00
更新日:2020年01月16日 13:05:13

カテゴリ:1 学校の様子
ヒストリータイムと英語の授業

ヒストリータイム1s.jpg

ヒストリータイム2s.jpg

グリーティングカード1s.jpg

グリーティングカード2s.jpg

今日は1年生のヒストリータイム。昨年までは、「読み聞かせ」というネーミングで行われていた図書ボランティアの時間。名前も新たにして今年度も行われています。今日は3回目、1年生とはこね級の日です。ボランティアの皆さんが独自の取材を通して、我が町箱根にちなんだおはなしをしてくれます。内容は『関所』。これまで知らなかった話を聴いて生徒も興味津々、満足そうでした。
単に本を読んでくれるだけでなく、ボランティアの方々の苦労と熱意が伝わってくるおはなしでした。生きた情報や教材は、生徒の心を打つものだと改めて感じました。心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。ありがとうございました。






続いて3校時の1年英語の授業を紹介します。普段の授業と違って今日はパソコン室での授業です。内容は、ちょっとした英語を使って気持ちを伝える『グリーティングカード』づくり。年賀状やバレンタインカードなど、イラストをインターネットで検索し、英語のメッセージや模様を交えて様々なカードを作りました。
真剣な中にもリラックスした表情で取り組んでいました。楽しみながら英語を身につけるための工夫が感じられる授業でした。

公開日:2020年01月15日 18:00:00
更新日:2020年01月15日 19:08:37

カテゴリ:1 学校の様子
徐々に形が見えてきました(1月14日)

P1090231.jpg

P1090234.jpg

P1090233.jpg

 体育館の足場が徐々に撤去され、きれいになった外壁が見えてきました。校舎の色調とマッチさせており、落ち着いたいい感じです。
 
 昨年度工事するに当たって、校舎の色合いをどうするか、生徒たちが投票をして決めたのですが、当時の生徒たちのセンスはなかなか素晴らしいものだったと改めて感じました。
 
 また、グラウンド工事が終わり、生徒たちはグラウンドで活動できるようになりました。
 
 正門から校舎に向かう通路は門や塀をつくる工事に取りかかっています。普通車は通行可ですので、歩行者に注意しながら徐行運転をお願いします。

公開日:2020年01月14日 15:00:00

カテゴリ:1 学校の様子
新しい歌&新しい先生?(1月10日)

DSCN1493.jpg

DSCN1496.jpg

DSCN1498.jpg

 1年生の英語の授業。授業の中で歌う1月の歌に選ばれたのは、Foorin「パプリカ」の英語詞「Paprika」です。
 
 今日が歌に触れた最初の授業でしたが、曲には馴染みがあるだけに2回目の練習では、体をスイングしてノリノリの生徒もいました。
 
 もう一つ。いつもと違っていたのは、初めてお目にかかった女性。実は新しい先生ではありません。ALTのRYOTA先生の妹さんが、日本の学校の授業を見てみたいと来校されました。
 
 ということは、箱根中が日本を代表して中学生の姿や授業の様子を見せていることになるのでしょうか。
 
 歌の後には、生徒からの質問タイムが設けられました。
最初の質問は「Do you have a boy Friend?」。
その答えにほっとした様子の生徒もいたようです。一番ほっとしたのは、RYOTA先生だったのかもしれません。

公開日:2020年01月10日 11:00:00