カテゴリ:1 学校の様子
姉妹都市親善交流事業をリモートで行いました。

令和3年10月4日(月)

 箱根町と北海道の洞爺湖町(旧虻田町)との親善事業は昭和39年に始まりました。それぞれの町の代表生徒が夏休みを利用して、お互いの町を訪問し、交流を深めてきました。昨年度は新型コロナウイルスの関係で中止となりました。
 今年度は何とか交流する方法はないかと両町で検討し、ズームによる交流をすることになりました。
 1学期から生徒会本部の生徒や顧問たちがアイデアを練りながら、本日の交流に向けて準備を進めてきました。
 箱根中から虻田中に伝えたことは、箱根中の生徒会活動(委員会活動も含む)や学校の様子、そして、箱根町の良いところでした。一方虻田中のみなさんからは、動画を作成して学校や洞爺湖町の様子について教えていただきました。最後は、箱根中から送らせてもらった「黒たまご」「箱根ラスク」を画面越しではありますが一緒に食べながら感想を聞きました。そして「寄せ木のからくり箱」も送り、開け方を説明しましたが、なかなかあけることが難しかったようです。
 時間にすれば、1時間ちょっとではありましたが、大変有意義な時間となりました。最後は、お互いの会長や副会長が言葉を述べて終了となりました。
 また、本日は箱根町教育委員会の井上教育長様にも子どもたちの様子を見ていただき、最後には箱根中の生徒会本部役員へ「からくり箱」のプレゼントがありました。子どもたちの笑顔が印象的でした。
 これを機に、リモートでの交流をさらに深めていくとともに、以前のようにお互いが直接会って本当の交流を深めていく日が早く来ることを期待したいと思います。
 虻田中の皆様、本日はありがとうございました。

DSCN9863.JPG

DSCN9837.JPG

DSCN9877.JPG

DSCN9880.JPG

DSCN9892.JPG

公開日:2021年10月04日 17:00:00
更新日:2021年10月04日 18:29:06